読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩手帳

持ってる画材を使ってマイペースにあれこれします。

基本は面倒くさがり / サクラマット水彩

お久しぶりです。最近は水彩ばっか触ってる気がする。髪塗るのめっちゃ楽しい……。


サクラマット水彩

カテゴリーを一瞬迷ったけど、"透明"水彩ではないので一応その他画材に振りました。

やっぱり塗りごこちが気になったのでこの前、近所のイオンで購入。懐かしき学童用水彩絵の具。子供に使いやすい様にわざと品質を落としてるってどっかの記事で見たような。このチューブのデザイン好きなんですよねぇ。サクラマットって言ったらやっぱあれですよねあれ。まつざきしげる色。

f:id:existpro:20170121001004p:plain

追記:今気づいたんですけど、眉毛塗り忘れてるーーー!やっちまった!/(^o^)\ナンテコッタイ

使用した水彩紙はヴィフアール荒目とペン入れはコピックマルチライナー 0.3 セピアです。

マルマン 絵手紙用ポストカード ヴィフアール荒目 S142VC

マルマン 絵手紙用ポストカード ヴィフアール荒目 S142VC

ヴィフアールはウォーターカラーマーカーじゃなければ怖くない!← コピックマルチライナーは筆圧高くて先が潰れそうなのでちょっと太めの0.3を使ってます。マービーのミリペン使ってみたい。

混色面倒くさがって適当に塗ってはみたものの、設定してた配色と全く違うので違和感。 というか服の影を黒にしてしまったのは失敗だった……。

サクラマット使っててこう、やっぱり色合いが懐かしいんですよねー。学校で使ってた記憶が残ってるもんですね。

あと自分的にはチューブより固形が使いやすいです。広範囲を塗るんだったら固めない方が良いかもですね。

昔は『肌の色はうすだいだいしか塗れない』という考えが強かったんですが最近水彩触ってて、「あ、茶色系統を薄く塗ればいけるじゃない」とやっと悟りを開けました。赤みの茶(バーントシェンナとか)で塗るのが好きです。


水彩ばっか紹介してるので、今度は色鉛筆を紹介しよう。 これやってるとデジタルについてもいろいろ語りたくなるなぁ。

それでは、次回。