読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩手帳

持ってる画材を使ってマイペースにあれこれします。

今日はニャーニャーニャーの日。

f:id:existpro:20170222230757p:plain

水彩紙はアヴァロン、線画は三菱UNI色鉛筆のチャコールグレイ、塗りはW&Nウォーターカラーマーカー。

ニャーニャーニャーの日です。
猫耳多々良。

※キャラについてはは↓の記事の下の方を参照。 gears-project.hatenadiary.jp

ポニーテールの日はルンルンの萌え萌えだった(←)ので今度は恥じらわせてみました。萌え。

多々良のイメージは外見、黒猫ですが、中身はおとなしい犬寄りの感じ。

準備。

f:id:existpro:20170221231640j:plain

やっとW&Nのウォーターカラーマーカーによる水彩紙の比較準備をしてました。
意外と結構な量になった……。アソートっょぃ。
ミューズのアソートに入ってるモンヴァルはモンヴァルキャンソンだよなぁ。一応別にしたけれども。

一応全部の紙で試し塗りはしてますが、自分でわかりやすくするためにカードサイズに切って、名前書いて、最終的には早見表みたいにできたらいいなぁとか思ってます。

ホントはアルシュとかも欲しかったけど、財布と相談したら破談しました。orz
後日買ったら追加します。

ちょっと復活?/ ターナー アクリルガッシュ

調子がいいので今のうちだ!


ターナー アクリルガッシュ

油絵みたいにゴリゴリアナログで厚塗りしたい!でも道具が!臭いが!
ということでアクリルガッシュの出番です。ゴリゴリ厚塗りできます。水溶性!楽々!
ターナーを選んだのは、手に入りやすさと色の数が豊富ということで。
あとアヤナミブルー。
不透明なんで、金、銀などのメタリックもあったりして楽しめそうです。 アクリルガッシュのパレットは使い捨てがおすすめです。面倒くささが結構吹っ飛びます。ダイソーにあったのを使ってます。
しかし、水筆に味をしめると筆洗い用の水を用意するの面倒いですね……。水筆罪深い。

そして……

f:id:existpro:20170217224751p:plain

この前の線画が人柱になりました。

existpro.hatenablog.com

正直、線画の方が(主に目)良かった!後悔!
でも塗るの楽しかった!

薄く絵の具を溶いて重ねて重ねて重ねてます。
ひらひらマント?の透明感を以外と出せたてちょっと満足してます。
配色は本当は銀(というかクールグレイ)を目指したんですが、思ったより青くなってしまった。混色メンドゥ(ry

あ、塗っていく間に下絵は消えていくのでトレーシングペーパーでトレースしたり、下絵を写真に残しておいた方がいいですね。
うっかり塗ってしまったけど、この前の線画の写真が役に立ちました。

またダイソーですが、油絵もアクリルガッシュも使えるキャンパスボードを手に入れたので、それに描いてみようと思います。


髪型が被ったので、他のを考えた結果、

f:id:existpro:20170217230156p:plain

モンバルキャンソン+色鉛筆+ウォーターカラーマーカー。写真なので色合い。(:3 」∠ )

束ねて、上に折って、バレッタで留めてる感じです。バレッタが見えないのがちょっと味気ない感じもしますが。
一つおだんごとも思ったけど、既にいたよおだんご。

それでは、次回!

また宣伝。

f:id:existpro:20170130022759p:plain

まさかの二度目。
現在、仕事で体力を吸い取られたのでチャージ中です。

が、日常枠のブログ作りました。 gobbledygook.hatenablog.com

ここや創作ブログ以外のネタや近況などを書いていく予定です。 二次創作絵とかも書くかもしれない。

どうしようかな。

f:id:existpro:20170208214732p:plain

やっぱり何で塗ろうか迷う人。
透明水彩がブームだけど、違うのでもいいかなぁ。

最近、線画に色辞典の色鉛筆を使ってたらどんどん減っていく……。
でも清書しやすいんですよねぇ。練り消し掛けても薄ら線が残ってくれるし、柔らかい感じがする。
真っ黒よりもグレーもしくはセピアが好きです。

あと、魔法少女はいいぞ。

今日はツインテールの日。

2月2日はそうらしい。

twintail-japan.com

ということで、 f:id:existpro:20170202212607p:plain

ツインテール。キャラクターはあるお方のHNのイメージで出来上がったオリジナルです。
ちなみにつけ毛主張しているのは、元々この子はセミロングなので。

画像が暗めなのは、カメラ撮影と紙自体がクリーム色のため。
フォトショマジック使ってはいるんですが、やり過ぎると本来の色の感じが損なわれそうなので。

使用した紙はミューズ ビオラ ナチュラル。線はコピックマルチライナー ブラウン。色はW&Nのプロフェッショナルウォーターカラー ハーフパンです。

そういえば、ツインテールは高い位置の結び目で、髪の長さは肩より長いですが、結び目の位置と長さの違いでちゃんと名前が違うんですよね。
追記:「昔流れてきた画像で見た」と言うのを書いたつもりでした;自分の脳内酷すぎる。)
髪型に名前が付いてると、キャラクターの容姿を文字でメモしたりするときに助かります。

その画像元の方のブログはこちら。

www.halcana.jp

そういえば花月(詳しくは創作用のブログへ:http://gears-project.hatenadiary.jp/entry/2017/01/30/022620)もツイテですが、あえて違うキャラをチョイス。
ほっそいツイテも好きですが、極太ツイテも好きです。可愛い。

今日は絵が描けないけど、画材を楽しみたい人に

今日はこう思ったように絵が描けない……。

絵が描けない、それでも画材を楽しむことが出来るんですよね。

それがあれです。今、本屋に良くある『大人の塗り絵』。 色鉛筆と一緒によく置いてありますが、もちろんマーカー、水彩、パステル、スキャンしてPC(そこまでは……)等々、いろんな画材で塗れます。

W&Nのウォーターマーカーの練習用に買った塗り絵があります。

近所のイオンの本屋で見つけ、絵柄がどストレートど真ん中のデッドボールだったので迷い無く購入。1000円くらい。 大人の塗り絵ってどれもそうですが、絵の描き込みがヤバい。線が緻密。私の絵の線は少ないので、とても尊敬します。

塗ったのはこちら。 f:id:existpro:20170201235718p:plain

たかが塗り絵、されど塗り絵。 配色選びを考えるのと失敗の恐怖とで結構さらっと塗れなかったです。 出来るだけ多くの色を使うというのを頭に入れて塗ったんですが、使う色多いと逆にしんどさを感じますね。

f:id:existpro:20170202000219p:plain

個人的に木目の色を頑張りました。あと本に緑を入れてさりげなくグラデーション。

結構楽しいのでおすすめです!特に時間を作ってからじっくり塗るのがいいと思います。

ちなみに、昔懐かしかの有名な『ウォーリーを探せ』の塗り絵も入手したんですが、あれは……あれは……

ウォーリーをさがせ!THE COLOURING BOOK ぬりえブック

ウォーリーをさがせ!THE COLOURING BOOK ぬりえブック

開いた瞬間ちょっとした地獄を見た気がします。(;´∀`) いやしかし、挑戦はしますが。