読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩手帳

持ってる画材を使ってマイペースにあれこれします。

告知?

f:id:existpro:20170128005031p:plain

珍しくクリスタで頑張ってます。(二人並べる構図必死。) そしてラフのいい加減さ。 アニメ塗りにしようか、塗りだけ厚塗り風にしようか考え中。

告知というほど大した事じゃないですが、創作用のブログを建てようかと思います。(面倒くさいは吹っ飛んだ)今日か明日か。 考えてる話の構想とか、キャラクターの設定とかの吐き出し場所。もちろんネタバレはなしで。

長年考えて考えては変動していた話が、やっと定着しそうなのと、 作品が無いといろいろ語れない。

出し惜しみするのも止めたいし、途中で止めてしまうのも止めたい。

死ぬまで何にもできなかったらが一番悔しいですし。

これだよ!!/ カランダッシュ パブロ

あー問題解決、すっきりしたー。単なる紙の問題でした。弘法筆を選ばずとはいうけれども選びたいです。


カランダッシュ パブロ

たぶん、聞いたことないぞそんなメーカー!って人が多いと思う。大体高級系で有名なのはホルベインファーバーカステルのポリクロモスとかですよね。 カランダッシュはスイスの画材や文具のメーカーです。カランダッシュだけならもしかすると万年筆とかで知ってる人いるかも。 密林さんを覗いたら分かると思いますが、めっちゃくちゃ高いです。というかいつの間にか前記二つよりも高くなってる……同じくらいと思ってたのに。 私は数年前にヤフオクで落として買ったので120色で20000円くらいだったと思います。それでも高い。

高級色鉛筆に憧れたのは高校時代の美術の先生からポリクロモスを借りたことが切っ掛けです。こんな塗りができるのかと感心しましたね。これ使ったことで重ね塗りを覚えました。 なので、本来はポリクロモス狙いだったんですが、「こっち色の揃いがいいよー!」というのをネットで見かけ鵜呑みにしてパブロを購入しました。

全く後悔してないどころかむしろありがとうと言いたい。

あと、昨日の記事の絵もこれで塗ってます。

f:id:existpro:20170127011535p:plain

使用した紙はマルマン スケッチブック B5 SOHO 501です。

マルマン スケッチブック ソーホーシリーズ B5 SOHO501 100枚

マルマン スケッチブック ソーホーシリーズ B5 SOHO501 100枚

前回使ったのはマルマン スケッチブック 図案シリーズの方です。

違いは紙の荒さですね。SOHOの方がつるつるで図案シリーズががさがさです。

カランダッシュは柔らかい芯なのでがさがさな紙だとごそっと色を紙に持ってかれて濃くなったんだと思います。肌の色……。もちろんそっちが良いこともあるので好みの問題ですね。 ただ、やっぱり凸凹が無い方が細かく書き込みやすいと思います。あとこう色の柔らかいしっとり感が伝わってくるような。

主線もパブロですが、柔らかいのですぐ線が太くなって結構四苦八苦でした。線だけは堅めの色鉛筆を使っても良いかも。

f:id:existpro:20170127012534p:plain

こっちはピンク系統の肌色リベンジ。(キャラは即席)うん。しっくり。


それでは、次回。

こっからはおまけ。身体の描き方というかあたりの取り方というか、その辺のボヤッキー

続きを読む

何かな……何かこう……こうじゃないんだよ

f:id:existpro:20170125235903p:plain

色鉛筆紹介用に描いてはみたが、やっぱり気にくわなかったのでリベンジするけど一応載せておくということで。 たぶん、一番最初に描いたあれがお気に入り過ぎたのと実は硬い色鉛筆の方が自分に合ってるんじゃないか説。 ピンク寄りの肌色にしてみたけど、ちょっと違和感。 うーんうーんもうちょっと考えよう。

f:id:existpro:20170125235914p:plain

同じ色鉛筆で、昔やってた塗り方(別の色鉛筆だったけど)はまぁしっくりきました。こっちがイラストとの相性良いかなぁ。

出来うる限り出し惜しみはせず。

今日はデジタルネタで。

f:id:existpro:20170124012802p:plain

ドット絵です。アナログ画材もいろいろ触ってきたけど、デジタルも結構試してきた感じあります。(アニメ塗り、厚塗り、イラレetc...) 昔からゲーム触ってきた身では、やっぱり打ってみたいですよね、ドット絵。始めPSのツクールを買ってみたものの、ドット絵どう描くんんだ……とコントローラー握りながら困惑したものです。版権物を元にドット絵にしていったら結構打てるようにはなったと思います。うん。

ドット絵を描くツールはAsepriteというツールを使っています。

www.aseprite.org

Windowsだったら無料で使えるEdgeが良いですね。

takabosoft.com

Windowsの頃はEdgeを使ってたんですが、Macに切り替えたので何か良いドット絵ツール無いかなぁと探していたところでAsepriteと出会いました。購入しなければいけないことと、何より英語なのが購入を躊躇うかもしれないですね。私の場合は最近英語のツールばかりと戦ってきたせいか購入は即決でした。(デモエイゴデキナイヨー)高機能なので満足してます。

画像の一番右下の子を今日打ちました。大体テンプレートを作っているので髪型、目、配色を変えるくらいですが。こうゲームのアイコン風を目指した感じ。ちなみに左側にいる4人はTwitterの方にキャラ紹介を乗せてます。ある程度増えたらカテゴリー足してこっちにも乗せようか考え中。新しいブログ建てるの面倒。('A`)

あと人数追いついてないけど、

f:id:existpro:20170124015534p:plain

さらにちっこいのも打ってます。 ちゃんと上の画像のキャラっぽくなるか不安になりますが、今のところ何とか打ててる……と思う。自信が無いなぁ。

どういう風に打てば良いか分かってくるとドット絵は楽しいです。ただし、気を入れすぎると手がめっちゃ痛くなりますが。(;´ `) もっと練習してアニメーションとかも出来るようになりたいですね。


あ、ちなみに好きなゲームは全部あげるとちと多いですが、今のところは主にポケモン(ムーン、すまん、待ってて)とFF(オペラオムニア待機中)です。

基本は面倒くさがり / サクラマット水彩

お久しぶりです。最近は水彩ばっか触ってる気がする。髪塗るのめっちゃ楽しい……。


サクラマット水彩

カテゴリーを一瞬迷ったけど、"透明"水彩ではないので一応その他画材に振りました。

やっぱり塗りごこちが気になったのでこの前、近所のイオンで購入。懐かしき学童用水彩絵の具。子供に使いやすい様にわざと品質を落としてるってどっかの記事で見たような。このチューブのデザイン好きなんですよねぇ。サクラマットって言ったらやっぱあれですよねあれ。まつざきしげる色。

f:id:existpro:20170121001004p:plain

追記:今気づいたんですけど、眉毛塗り忘れてるーーー!やっちまった!/(^o^)\ナンテコッタイ

使用した水彩紙はヴィフアール荒目とペン入れはコピックマルチライナー 0.3 セピアです。

マルマン 絵手紙用ポストカード ヴィフアール荒目 S142VC

マルマン 絵手紙用ポストカード ヴィフアール荒目 S142VC

ヴィフアールはウォーターカラーマーカーじゃなければ怖くない!← コピックマルチライナーは筆圧高くて先が潰れそうなのでちょっと太めの0.3を使ってます。マービーのミリペン使ってみたい。

混色面倒くさがって適当に塗ってはみたものの、設定してた配色と全く違うので違和感。 というか服の影を黒にしてしまったのは失敗だった……。

サクラマット使っててこう、やっぱり色合いが懐かしいんですよねー。学校で使ってた記憶が残ってるもんですね。

あと自分的にはチューブより固形が使いやすいです。広範囲を塗るんだったら固めない方が良いかもですね。

昔は『肌の色はうすだいだいしか塗れない』という考えが強かったんですが最近水彩触ってて、「あ、茶色系統を薄く塗ればいけるじゃない」とやっと悟りを開けました。赤みの茶(バーントシェンナとか)で塗るのが好きです。


水彩ばっか紹介してるので、今度は色鉛筆を紹介しよう。 これやってるとデジタルについてもいろいろ語りたくなるなぁ。

それでは、次回。

誤魔化せるところは誤魔化せ

f:id:existpro:20170115234130p:plain

やっと塗りました。 ウォーターカラーマーカーを使用しました。今回はペン先から色を取りつつ着色。 コットマンの細目とても塗りにくい……。

ところで今回のやっちまったはランプブラックをペン先から色を取る最中に誤ってインクが絵の左側に飛び散った事。 あばばばーーーとなって、飛び散ったインクを水に濡らして拭き取ってみるものの、案の定後は残る。

最終手段はアレしかないと。 みんな大好きPhotoshop。 どうするかというと、スタンプツールを使います。 スタンプツールは画像の一部をコピーして、別の箇所へペーストできるもの。 ブラシ感覚で使えて、ブラシが動くとコピー元も同時に動くので結構自然にゴミを除去出来ます。 (説明めっちゃ難しい……わからなかったらググってくださ……)


んでおまけ。 看板の中身を消して遊んだ結果がこちら。

f:id:existpro:20170116000438p:plain

どうでもいいわ。

目指せ速筆

f:id:existpro:20170113020800p:plain

デジタルも画材と言ったら画材だよなーと思いつつも、紹介の方はデジタル画材後回しで、今はアナログ画材メインで。 ですが、気になった塗り方とか描き方があったら、ちょっとだけぼやいていこうかと。

寝る前にー落書きーと思っててもかなり時間を取れてしまいます。仕上がりは落書きなのに、まったく気分が落書きになってない。コマルナー。 ところで、最近のちょっとしたブームは厚塗りと色制限。

使ったパレットはこれ。 f:id:existpro:20170113020805p:plain

パレットの作成はCOOLORS様(海外サイト)にて。 coolors.co

スペースを押しまくればころころパレットが作成されます。アカウントを取ればパレットの保存も可能。フォトショ、イラレがCCだったらアドオン有り。(ちょっと悔しい)

ExportでPNGに保存→クリスタで開く→スポイトで色を拾ってカラーパレットに登録して使ってます。

筆の方は公式にある無料の油彩ペンを使ってます。後はごりごり描いて塗っての繰り返し。 ゴリゴリ描くの楽しいです。手痛いけど。うーん、でももっと速く描けたらなぁ。